menu
2017(平成29)年3月 認定

株式会社OKファイバーテクノロジー

認定事業名

複合型光ファイバーシステムの開発と展開

レーザー導光用の光ファイバーと画像用のファイバースコープを一体化し、細径化することにより、安全かつ高い治療効果が期待できる低侵襲レーザー治療システムと、化学・食品・薬品などのプラントで利用可能な配管溶接システムの開発・販売を行う。
事業概要
レーザー導光用の光ファイバーと画像用のファイバースコープを一体化し、細径化した複合型光ファイバー技術をもとに、医療機器および産業機器の研究開発を行っている。安全かつ高い治療効果が期待できる低侵襲レーザー治療システムや、化学・食品・薬品などのプラントで利用可能な配管溶接システムなど、広く世の中に新しい価値を提供していく。

複合型光ファイバー技術を利用した医療機器及び産業機器の研究開発

技術・製品紹介・サービス紹介

特徴1

複合型光ファイバー技術
材質や形状の異なる複数の光ファイバーを一本に束ねることにより、高エネルギーのレーザー光と映像情報を同時に伝送することができる。両者の光軸が一致しているため、対象物に正確にレーザー光を照射できるとともに、外径が細く狭隘部に容易にアクセスできる特徴がある。

特徴2

低侵襲なレーザー治療器
治療が必要な方の身体の負担を最小限に抑え、患部を見ながら精密に治療出来る器具を開発している。複合型光ファイバースコープは観察方向とレーザー照射方向が一致することから、対象物を観察しながら、容易で安全にレーザー照射ができる。また、一般的な内視鏡より小型であるため、低侵襲な治療が可能である。

特徴3

観察しながら作業可能な溶接ツール
複合型光ファイバーにより、目視の困難な狭い場所の溶接が容易に行えるようになる。観察・検査とレーザー溶接による修復を同時に行うため、作業時間と費用の大幅な削減が期待できる。

事業ステージ

  • 技術開発

  • 製品開発

  • 生産・販売

  • その他(受託研究)

オリジナリティ

  • 世界初・日本初

  • トップレコード

  • 特許・商標登録

  • コストダウン

  • その他

事業分野

  • ものづくり

  • 計測・分析

  • 加工・製造

  • 材料・部材

  • 半導体・通信

  • 自動車

  • エネルギー

  • 建築・土木

  • ライフサイエンス

  • バイオ・医療

  • 福祉・介護

  • 医薬品・化粧品

  • 食品・農業

  • IT・サービス

  • アプリケーション

  • ミドルウェア
    デバイス

  • ソーシャル
    コミュニケーション

  • コンテンツ

  • 伝統文化

  • 生産性向上

  • クラウドサービス

  • その他

沿革

  • 2013年9月、独立行政法人日本原子力研究開発機構発ベンチャー企業認定。同年12月、日本原子力研究開発機構との包括契約を締結。
  • 2015年2月、高度管理医療機器販売業・貸与業許可を取得。同年12月、第一種医療機器製造販売業許可を取得。
  • 現在、京都研究所および京都オフィスにおいて、複合型光ファイバー関連機器の研究開発と製造販売を行っている。

基本情報

所在地
〒619-0215
京都府木津川市梅美台8丁目1番地7 量子科学技術研究開発機構内(京都研究所)
〒604-8151
京都市中京区蛸薬師通烏丸西入ル橋弁慶町 227 (京都オフィス)
Mail
info[at]okft.co.jp
URL
http://www.okft.co.jp/
TEL
0774-71-8358
FAX
0774-71-8357
代表者名
代表取締役 岡 潔
設立
2013(平成25)年9月30日
資本金
853万円
従業員数
8名