menu
2014(平成26)年9月 認定

iHeartJapan株式会社

認定事業名

iPS細胞由来心血管系細胞の製品化

京都大学iPS細胞研究所の細胞培養及び分化誘導技術を基盤とし、重篤な心疾患を治療する心血管系細胞シート、医薬品開発段階での心臓安全性評価に使用するリサーチ・ツールの製品化、事業化を行う。

心臓移植を代替し得る次世代医療を開発する

技術・製品紹介・サービス紹介

特徴1

技術のコアは、iPS細胞から分化を誘導し、心血管系細胞(心筋細胞、内皮細胞、壁細胞)を高効率に作製する技術である。

特徴2

更に通常は、4枚以上積層出来ない細胞シートをほとんど無制限に積層できるようにした技術に優位性がある。

事業ステージ

  • 技術開発

  • 製品開発

  • 生産・販売

  • その他

オリジナリティ

  • 世界初・日本初

  • トップレコード

  • 特許・商標登録

  • コストダウン

  • その他

事業分野

  • ものづくり

  • 計測・分析

  • 加工・製造

  • 材料・部材

  • 半導体・通信

  • 自動車

  • エネルギー

  • 建築・土木

  • ライフサイエンス

  • バイオ・医療

  • 福祉・介護

  • 医薬品・化粧品

  • 食品・農業

  • IT・サービス

  • アプリケーション

  • ミドルウェア
    デバイス

  • ソーシャル
    コミュニケーション

  • コンテンツ

  • 伝統文化

  • 生産性向上

  • クラウドサービス

  • その他

沿革

  • 京都大学iPS細胞研究所の成果の社会実装を目指し、2013年に設立されたベンチャー企業
  • 京都大学から関連発明5件の知的財産権を譲り受け、そのすべてについて日本で特許を取得
  • 2016年8月、内閣府主催「産学官連携功労者表彰」で日本学術会議会長賞を受賞

基本情報

所在地
〒606-8507
京都市左京区聖護院川原町53 京都大学メディカルイノベーションセンター
Mail
information[at]iheartjapan.jp
URL
http://www.iheartjapan.jp/
TEL
050-5898-1947
代表者名
代表取締役  角田健治
設立
2013(平成25)年4月
資本金
446,755千円
従業員数
13名