menu
2007(平成19)年11月 認定

株式会社 バイオフェイス

認定事業名

白金ナノ粒子溶液の開発・製造

京都大学の小山宗孝准教授と株式会社バイオフェイスとの共同研究により開発された白金ナノ粒子を使用して、今までにない画期的な抗菌・消臭商品が完成いたしました。
この商品を利用して様々な商品開発をあらゆる企業に提案しています。
(画像:左・・・京大 小山准教授、右・・・バイオフェイス 鍬本)
特に、最近は病院の院内感染対策が急務となっております。
平成19年4月1日より、新しい法律が施工されました。院内感染対策法です。この法律への対策を最優先に行っていきます。
弊社は平成18年5月25日に、病院などの特定用途・SEKマーク(制菌・赤)を取得して、病院などの院内感染対策に取り組んでおります。
繊維製品関係の製造メーカーに向けて、病院で使用される商品の普及活動を行っています。
主な製品は、シーツ・白衣・靴下・靴・スリッパ・シャツなど。
また、施工面では、トイレ・リハビリ室・手術室などの抗菌・消臭施工に重点を置いております。
事業概要
白金ナノ粒子を使用した、抗菌・消臭・抗ウイルス用水溶液及びセラミックパウダーの研究開発をしています。
細菌・ウイルス感染予防などに利用できる商品や、地元伝統工芸である清水焼と共同で商品開発等を行っています。
ナノ分散構造で高い抗菌・消臭・抗ウイルス性能を発揮する為、他社と比べて低コストで製造できる上に安全性にも優れています。
バインダー等を必要とせず、素材を選ばずに固着しますので、長期間効果が持続します。

基本情報

所在地
〒611-0026
京都府宇治市開町39ー2
URL
http://www.bioface.jp
TEL
0774‐44‐0121
FAX
0774‐44‐2591
Mail
info[at]bioface.jp
代表者名
代表取締役 鍬本 淳司
設立
2002(平成14)年10月14日
資本金
1,500万円
従業員数
4名