menu
2019(令和1)年9月 認定

株式会社Atomis

認定事業名

多孔性配位高分子PCP/MOFによる未だ見ぬ価値の
創造

多彩な機能を発現する、多孔性配位高分子(PCP/MOF)材料の低コスト製造法や用途開発を通じて、産業化を推進する。
事業概要

京都大学で世界に先駆けて見出された多孔性配位高分子PCP/MOFを基盤とした事業を行っている。当該3次元材料を「効率よく設計・評価する技術」、更に「環境に優しく低コストで大量生産する技術」が弊社のコア技術である。

ガスを自在に操り未だ見ぬ価値を創造する

多孔性配位高分子PCP/MOF

多孔性配位高分子PCP/MOFの多彩な機能

次世代高圧ガス容器CubiTanⓇ

技術・製品紹介・サービス紹介

特徴1

◆マテリアル事業
お客様のニーズに合った多孔性配位高分子PCP/MOFの設計・製造及び評価のサポートを行っている。

特徴2

◆ライフサイエンス事業
生体適合性が高い「安全・安心」な多孔性配位高分子bioPCPTMの開発を行っており、ドラッグデリバリーシステム用途のみならずガスを分子状で閉じ込めたガス医薬という新しい概念の創薬プラットフォーム開発を行っている。

特徴3

◆エネルギー事業
100年間ブレイクスルーが起きていない高圧ガス業界に変革を来すべく、「軽量且つコンパクト、スマート」な次世代高圧ガス容器CubiTanⓇの開発を行っている。一般産業ガスのみならずメタン、水素といったエネルギーガスを対象とした独立分散型エネルギーのシェアリングに対応したサプライチェーン構築を目指す。

事業ステージ

  • 技術開発

  • 製品開発

  • 生産・販売

  • その他

オリジナリティ

  • 世界初・日本初

  • トップレコード

  • 特許・商標登録

  • コストダウン

  • その他

事業分野

  • ものづくり

  • 計測・分析

  • 加工・製造

  • 材料・部材

  • 半導体・通信

  • 自動車

  • エネルギー

  • 建築・土木

  • ライフサイエンス

  • バイオ・医療

  • 福祉・介護

  • 医薬品・化粧品

  • 食品・農業

  • IT・サービス

  • アプリケーション

  • ミドルウェア
    デバイス

  • ソーシャル
    コミュニケーション

  • コンテンツ

  • 伝統文化

  • 生産性向上

  • クラウドサービス

  • その他

沿革

京都大学が誇る新素材、多孔性配位高分子PCP/MOFの社会実装を加速させる為に2015年2月創業。
2017年以降は、素材を単なる素材として売るBtoBのビジネスではなく、当該素材がもっとも活躍できる潜在的な社会課題を見出し、そこに対応する最適なアプリケーション及びサービスを開発することに注力している。

基本情報(2019年10月現在)

所在地
〒602-0841
京都市上京区梶井町448-5
クリエイション・コア京都御車208室
URL
http://www.atomis.co.jp/
TEL
075-746-7845
FAX
075-746-7846
代表者名
代表取締役・CEO 浅利 大介
設立
2015(平成27)210
資本金
26,699万円
従業員数
6名