menu
2018(平成30)年3月 認定

株式会社Eサーモジェンテック

認定事業名

独自フレキシブル構造熱電発電モジュールとそれを応用した熱電発電システムの実用化

認定事業概要
熱回収性に優れたフレキシブル構造の熱電発電モジュール「フレキーナ」の開発及びそれを用いた低熱排熱を再利用して給電する電池交換不要の自立電源システム等の開発及び実用化を行う。

実用化可能なコスト性能比と信頼性を初めて実現する、新しい熱電発電技術を開発

◆フレキシブル熱電発電モジュール「フレキ―ナ(R)」標準サンプル

 

◆従来の熱電発電モジュールと本モジュール

技術・製品紹介・サービス紹介

特徴1

高いモジュールとしての熱電発電効率
◆「フレキーナ」は、湾曲自在なフレキシブル基板を用いるため、配管などの排熱源の湾曲面に合わせて密着させることができる。そのため従来のモジュールに比べ熱の回収効率が2~3倍高い。また極めて薄い基板を用いるため基板の熱抵抗を小さくでき、平面上の熱源に対しても、従来の熱電発電モジュールに比べ高い熱電発電効率が得られる。このため適用できる熱源は非常に多岐に及ぶ。

特徴2

成熟した半導体量産技術による低コスト化と高信頼性
◆「フレキーナ」は、成熟した半導体量産プロセスを活用できるため、半導体同様に量産効果によるコストダウンが可能で、半導体の様々な製造ノウハウや信頼性の知見を活かすことができる。

特徴3

搭載する熱電素子選択の高い自由度
◆「フレキーナ」の特徴はモジュール構造であるため、熱電素子として最適なものを自由に選択できる。このため既に主に電子冷却用途で熱電素子を生産している熱電関連メーカとも、OEMによる事業連携が可能である。

事業ステージ

  • 技術開発

  • 製品開発

  • 生産・販売

  • その他

オリジナリティ

  • 世界初・日本初

  • トップレコード

  • 特許・商標登録

  • コストダウン

  • その他

事業分野

  • ものづくり

  • 計測・分析

  • 加工・製造

  • 材料・部材

  • 半導体・通信

  • 自動車

  • エネルギー

  • 建築・土木

  • ライフサイエンス

  • バイオ・医療

  • 福祉・介護

  • 医薬品・化粧品

  • 食品・農業

  • IT・サービス

  • アプリケーション

  • ミドルウェア
    デバイス

  • ソーシャル
    コミュニケーション

  • コンテンツ

  • 伝統文化

  • 生産性向上

  • クラウドサービス

  • その他

沿革

  • ◆20132月末 ㈱アセット・ウィッツ の新事業創出活動の過程で、本熱電発電モジュールのコア技術である基本特許の登録 を機会に、熱電発電関連の新事業を推進するベンチャーとして創業

     201310月 大阪大学に開発拠点創設

    2016年、資本金2,800万円に増資(NEDO STS事業採択に伴い、第三者割当増資を実施。)

    2017年 資本金7,072万円に増資

基本情報(2018年3月現在)

所在地
〒601-8047
京都市南区東九条下殿田町13
九条CIDビル102
Mail
inq@e-thermo.co.jp
URL
http://e-thermo.co.jp/
TEL
075-681-7825
FAX
075-681-7830
代表者名
代表取締役 南部修太郎
設立
2013(平成25)年2月26日
資本金
7,072万円
従業員数
11名