menu

■出展(京都ソフトウェアリサーチ)

株式会社京都ソフトウェアリサーチ(H22年9月認定 http://www.kyoto-sr.co.jp/)が以下のとおり出展します。ご来場の際は、是非同社のブースへお立ち寄り下さい。

———————————————————————————————————-
■イベント名: Embedded Technology & IoT Technology 2017
       組込み総合技術展&IoT総合技術展
■会 期: 2017年11月15日(水)~17日(金) 10:00~17:00 [16日(木)は18:00までオープン]
■会 場: パシフィコ横浜
■小間番号 :ARMパビリオンブース内
      ルネサスエレクトロニクス株式会社様ブース[C-47]
■詳 細:http://www.jasa.or.jp/expo/
———————————————————————————————————-

■展示内容:
~ARMパビリオンブースにおいてルネサスエレクトロニクス株式会社様と共同出展~
ルネサスエレクトロニクス製RZ/A1H搭載の開発ボードGR-PEACH上のmbedにて、JavaScriptエンジンを動作

BLEにて受信したセンサー情報(温度と照度)をJavaScriptのスクリプトで処理をし、クラウドに送信する際にセンサー情報の組合せに応じて実行するスクリプトを動的にサーバからダウンロードし、IoTゲートウェイの動作を即時変更する、インテリジェントゲートウェイのデモを実演します。

■ブース内ミニプレゼン(15日16:00-16:20):
「ルネサスエレクトロニクス製RZ/A1ボードにJavaScriptエンジンを搭載し、IoTゲートウェイのインテリジェント化を実現」

マイコンをベースにIoTゲートウェイを開発した場合、ファームウェアはフラッシュメモリに書き込まれるため、リモートでのファームウェアの更新はできるものの、高頻度の更新は対応できません。
しかし、センサー情報の取得はCut&Tryを何度も繰り返す必要があります。
また、設置されてから処理を変更する必要が発生したりする。この様な課題にJavaScriptエンジンが有効であることを説明します。

 いずれの日程も弊社社員が立ち会っております。
 ご来場の際は、是非お立ち寄りください。

■本件に関する問合せ先: 株式会社京都ソフトウェアリサーチ  営業部
             info@kyoto-sr.co.jp
             TEL:075-342-0794 FAX:075-342-0781
             http://www.kyoto-sr.co.jp/