menu

■プレスリリース(フクオカ機業)

有限会社 フクオカ機業(H16年3月認定 http://www.fukuoka-k.co.jp/)が以下のとおりプレスリリースしました。

タイトル:
 先端素材と伝統技術の融合による商品開発について(展示案内)
 ―炭素繊維とガラス繊維の複合材料と西陣織技術による意匠性の高い椅子―

(有)フクオカ機業(H16年3月認定 http://www.fukuoka-k.co.jp/ )は
炭素繊維をテキスタイルとして製織することができるシャットル織機を開発いたしました。
 この技術により製作した「炭素繊維とガラス繊維の複合材料と西陣織技術による意匠性の高い椅子」は、国際家具見本市「ミラノサローネ」(2017年4月、イタリア)に出展され、国内外の企業から大きな反響がありました。
 この度、ワコールスタディホール京都でもこの椅子を展示することになりましたので、お立ち寄りいただけましたら幸いです。

 ■展示期間:2017年5月17日(水) ~31日(水) 火~土、10:00~17:30
 ■場  所:ワコールスタディホール京都 ギャラリー
       http://www.wacoal.jp/studyhall/(京都駅八条口より徒歩7分)
 ■問合せ先:有限会社フクオカ機業 TEL: 075-441-0235
       (公財)京都高度技術研究所 地域産業活性化本部
       TEL: 075-315-3606 / Mail: office_kanri[at]astem.or.jp

 <<広報資料>> press20170516_fukuoka-k_chair_p.pdf